スープダイエット、リバウンドしない方法はコレ!

スープダイエットって?気になる効果は?

野菜を中心としたスープを食事代わりに食べて痩せようというスープダイエット。

脂肪燃焼スープダイエット、野菜スープダイエットとも呼ばれているようです。

糖質と脂質を抑え、急速に体重を落としたいときにおススメのダイエットとも言われています。

だいたい1週間くらい続けることで効果が出ると言われているダイエット方法で、

食べて痩せられるというのはとても嬉しいですよね!

-8kgも夢じゃないといわれているこのスープダイエット。

その効果はどんなものでしょうか。

スープダイエットの効果

腸内環境の改善

野菜をたっぷり食べるこのスープダイエット。

食物繊維をたくさん摂取できるから、腸内環境が改善されて便秘解消の効果も期待できます。

代謝アップ効果

血液がさらさらになることで、血行の改善効果もあると言われています。

血行が改善することで、代謝アップも期待できます。

免疫力のアップ

体の中からきれいになることで、免疫力が上がり、病気になりにくい体作りができます。

生姜をたっぷり入れれば冷え性にも効果的でしょうし、にんにくを多めに入れればスタミナもつきそうですね。

脂肪燃焼スープを作ってみよう!

食べれば食べるほど痩せていくともいわれる脂肪燃焼スープ。

おなじみのレシピサイトでもレシピが公開されています。

脂肪燃焼!ミラクルダイエットスープ♪

スープ

手術前の人が体力を落とさずに、短期間での減量をする時に食べられるメニューだそうで、

お医者様推奨というお墨付き!

これなら安心して食べられますね。

基本的に、脂肪燃焼スープに使う野菜は決まっています。

キャベツ、玉ねぎ、にんじん、ピーマン、セロリ、トマト、この6つの野菜です。

 

苦手な野菜がある方は、トマト以外は代用野菜もあります。

トマトは代用野菜がないので、トマトが食べられない人はトマトジュースでも大丈夫だそうです。

  • キャベツ⇒ブロッコリー
  • 玉ねぎ⇒にら
  • セロリ⇒モロヘイヤ、ホウレンソウ
  • ピーマン⇒パプリカ、ブロッコリー
  • にんじん⇒ホウレンソウ、かぼちゃ

>>レシピはこちら

また、スープだけに限らず、普段のお料理の時に出る野菜のヘタや芯なども捨てずに冷蔵庫に保管しておき、

ベジブロスにするのもおススメです。

野菜の中で一番栄養のあるところは、ヘタや皮、種などの部分と言われています。

ベジブロス

ベジブロスなら野菜の栄養を余すところなく摂取でき、最後まで使い切れるので地球にも優しいという一石二鳥。

ダイエットスープだけではなく、普段のお料理にも使えるのでぜひ試してみてくださいね。

ベジブロスの作り方や効果などはこちらのページを参考にしてみてください。

こちら(ベジプロスのレシピ)

 

冬場は野菜が高く、野菜をたくさん食べたくてもなかなか…という方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方は、冷凍の野菜なども上手に活用してみてくださいね。

冷凍野菜は旬の時期に摂れた栄養価の高い野菜を急速冷凍で凍らせているため、

栄養素もそのまま閉じ込められているそうです。

 

ご紹介したレシピでもホールトマト缶が使用されていますが、

生のトマトではなくこうした缶詰のトマト缶をたっぷり使っても良いでしょう。

スープダイエットを成功させ、リバウンドしない方法

スープダイエット中にはいくつかの約束と、正しい実践方法があります。

まずはスープダイエット中のルールをご紹介します。

アルコールは控える

アルコールは脂肪燃焼の邪魔になります。

お酒を飲んでしまったら、24時間以上空けるようにしてください。

甘味料は摂らないように気を付ける

スープダイエット中の飲み物は、水、お茶、ブラックコーヒー

カロリーゼロでも、甘い飲み物には甘味料が入っているためNGです。

また、ブラックコーヒーの飲みすぎによるカフェインの摂りすぎにも気を付けてくださいね。

夕食ではまず最初にスープを一皿食べること

スープはおなかがいっぱいになるまで食べるようにしましょう。

1週間必ず続けること

これらをしっかり守りましょう!

そしてここからが大切。

このスープダイエットにはスープ以外に摂取する他の食材やスケジュールなどが細かく決まっています。

【1日目】 スープ+果物(バナナはNG)
【2日目】 スープ+野菜(豆類、トウモロコシ以外のもの)
【3日目】 スープ+野菜(ジャガイモはNG)+フルーツ
【4日目】 スープ+バナナ3本+スキムミルク500ml(もしくは、低脂肪乳or無脂肪乳)
【5日目】 スープ+肉or魚(脂身の少ないものを350~700gくらい)+トマト(最大6個)
【6日目】 スープ+牛肉+野菜(ジャガイモはNG)
【7日目】 スープ+玄米+野菜+フルーツジュース

基本的にはNGと書いたもの以外は野菜も果物も特に禁止されているものはありませんが、

4日目以外はバナナは食べてはいけません。

野菜の調理方法は蒸す・茹でるはOKですが、油やバターを使って炒めたり、

蒸したり茹でたりした野菜に油やバターを使ったものをかけて食べてもいけません。

茹でたブロッコリーにマヨネーズ、なんて、おいしいけどガマンしてくださいね。

 

また、1週間のスープダイエットから通常食に戻す際、

しっかりと回復食の期間を設けるようにしてください。

飢餓状態の体にこってり脂っこい食事を与えてしまっては、

いつもよりも吸収してしまってせっかくのダイエットが台無しです。

だいたい2~3日で通常食に戻していいと言われていますが、

リバウンドをより防ぎたい場合はもう少し長く設定してもOKです。

 

回復食に良いとされているのが、玄米です。

玄米は白米よりもビタミン・ミネラル・食物繊維などが豊富で、栄養価が高いうえに腹持ちも良いんです。

高たんぱくで脂身の少ない鶏のささみなどと一緒に、

雑炊にしたりリゾットにしたりするのがおススメです。

1週間おいしく食べて健康的に痩せられるスープダイエットに挑戦してみては?!

スープダイエットの最低期間は1週間です。

あまり無理のない程度に野菜スープ中心の食生活を送り、間食やお酒は控えましょう。

しっかりと行うことで1.5~3kg以上も痩せることが可能なスープダイエット。

回復食の期間もしっかりとって、リバウンドせずにおいしく痩せて体の中からキレイになってみましょう♪