ファスティングダイエットってリバウンドしないの?

実はここ数年、特に女性の間で高い支持を得ているダイエット法があります。

それは、「ファスティングダイエット」です。

あなたも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

ファスティングダイエットとは決められた間、食事を断つ断食方法ですが、

正しい方法で行えばとても嬉しい効果があります。

fasting

でも、ファスティングダイエットってリバウンドしないの?という心配をしている方も多いと思います。

そんなファスティングダイエットの効果と、リバウンドしない正しい方法をご紹介していきます!

ファスティングダイエットの効果って?

ファスティングは絶食や断食をする方法ですが、正しい方法で行えばダイエットはもちろん、

美容や健康にもとても効果が期待できます。

効果を最大限に出したいなら、週末などに定期的に行うことがおススメです。

健康的にも、内臓を休めることはとても良いと言われています。

現代人の私たちは、日ごろ普通の生活をしていると、どうしても体の中に有害物質が蓄積していきます。

これは十分に排泄できないなど、内臓が弱ってしまうために起こっているのです。

断食をすると、内臓を休められるので、弱った内臓が元気を取り戻せるというわけです。

有害物質がデトックスされることにより、ダイエット効果のほかに、

美肌や健康的な身体づくりにも効果が期待できます。

正しいやり方でやらないとリバウンドする?正しい方法って何?

ファスティングダイエットには2つやり方があります。

  • 毎日寝る4時間前から何も食べない状態を作り、睡眠時間を含めて12時間食べ物を摂取しないようにする方法
  • 1~3日間の短期間に、水とジュースのみで過ごす方法

自分の生活のパターンに合った方法を選んでいただければと思いますが、

短期間のファスティングを行っている方が多いです。

どちらにしても、ファスティング前後の食事がとても大切になります。

特にファスティング後の回復食には気を付けましょう。

ファスティングの後は色々食べたいものがあるでしょうが、それを食べてはファスティングの意味はありません。

お腹が空いているからと言って、カロリーや脂質、糖質の高いものを食べてしまっては、

何のためにファスティングしたのかわからなくなりますよ。

回復食としてよく推奨されているのは、おかゆや、みそ汁の汁だけ飲むというものです。

おかゆ

そうぞうするだけでちょっと物足りない気がしますが、

この回復食を飛ばして通常の食事に戻ってしまわないように気を付けてください。

固形物を食べていない胃腸の機能を少しずつ回復させ、徐々に通常の食事に戻すようにしてください。

また、ファスティングのリバウンドの原因として多く挙げられるのは、ガマンをすることです。

 

あれはしてはいけない、食べてはいけない、と思うと、人間はどうしてもそこに対してとてもガマンをしてしまいます。

禁止されると反発してしまう、このことを「カリギュラ効果」と言いますが、

ダイエットに限らず人間の心理としてよくわかりますよね。

ファスティング中でも、普段のダイエットの中でもカリギュラ効果の影響はとても大きく、

特に始めたばかりの時は陥ってしまいがちです。

ファスティングの場合は短期間ですが断食をするわけですから、

食べたいけど、食べてはいけない…という気持ちの葛藤がきっとあるでしょう。

空腹を紛らわせるためにも、ファスティング中は他のことに没頭することをおススメします。

 

ファスティング中に食べることばかりを考えてしまっては、とてもストレスになってしまいます。

さらには、回復食で過食を招く原因にもなってしまうので、上手にコントロールしたいところです。

ファスティング中はできるだけ何か好きなことに没頭したり、

どこかにでかけてみたり、好きな人や仲間と楽しい時間を過ごせるようにしてみてください。

また、仕事などでストレスを感じやすい人は、できるだけリラックスして過ごせる休日などに行ってみると良いでしょう。

ファスティングダイエットを正しく取り入れて、内臓からキレイになろう!

ファスティングは正しく取り入れれば、ダイエット以外にも嬉しい効果がとてもたくさんあります。

特に現在は食べ物や調味料に含まれる化学物質や、他にも周りには有害物質が溢れています。

内臓がキレイになるだけでスッキリするというのはとても嬉しいですね。

あなたもファスティング前後、特にファスティング後の食事には十分に気を付けて、

ファスティングにトライしてみてはいかがでしょうか。