ダイエットでリバウンドした私の経験!あの時、こうすれば良かった10のこと!

せっかく痩せたのにリバウンド、痩せてはまたリバウンド…

と繰り返している人、いるんじゃないでしょうか。

原因は人それぞれ様々ですが、あの時こうしていればなぁと思うことも、

きっと少なくないことでしょう。

リバウンドの理由

いろんな人のリバウンド経験をもとに、その原因を探ってみましょう。

理由がわかれば、次はきっとリバウンドしないはず…!

リバウンドの繰り返しはダイエット失敗の元!その10の原因とは?

1 準備不足でダイエットを始めてしまう

まず最初に、ダイエットには計画的に行うことが、何よりの成功ポイントになります。

何事もそうですが、新しいことを始める時にはある程度の準備は必要ですよね。

ダイエットももちろん同じです。

ダイエット

自分の傾向を知って、少しずつ体を慣れさせ、習慣化することが大切です。

そのためには期間をしっかりとって、大まかでもいいのでスケジュールを立てることがとても大切。

女性は特に生理周期などもダイエットには大きく関わってきますので、そのことも考慮すると良いでしょう。

計画は大切ですが、無理な計画を立てることは禁物ですよ。

2 体重計を気にしすぎる

ダイエットにおいて体重というのはわかりやすく、目標にしやすいものの一つかと思います。

ですが、体重計ばかりを気にしていては本質を見失うこともありますので、

少し気を付けたほうが良いでしょう。

ダイエット

脂肪よりも筋肉のほうが質量が高く、重たいことはご存知かと思います。

食事の管理とともに運動の習慣もつけてゆくと、自然と筋肉もついてきます。

体重を落とすことばかりに気を取られて、

無理な食事制限をしてリバウンドしてしまったという話は本当によく耳にします。

 

全く体重を気にしないというわけではありませんが、とらわれすぎないようにしましょう。

筋肉がついて体が引き締まれば、体脂肪率は減りますし、自然とサイズダウンしていくはずです。

3 停滞期にあきらめる

人間には「ホメオタシス」といって、体やその内部環境を一定に保とうとする力が自然と働きます。

停滞期が訪れるのは、この「ホメオタシス」も影響していると言われています。

体重や体脂肪率に少しの間変化が見られないからと言って、あきらめてしまうのは早いですよ。

そんな時はそれまでのダイエットメニューにプラスαで何かを加えてみるのも一つの手です。

停滞期が訪れるころには、ダイエットはある程度習慣になっているでしょう。

4 短期間で無理に痩せようとする

短期間で無理なダイエットを行うことは、リバウンドを引き起こす大きな原因になります。

体重を減らすだけならば、食事を摂らなかったり制限をすれば簡単にできます。

ですが、それによって体は飢餓状態になり、

普通の食事に戻した時に今まで以上のエネルギーを吸収してしまうのです。

せっかくつらい思いをして、食べたいものも我慢して体重を落としても、

リバウンドしてしまっては元も子もありませんよね。

初めにも言いましたが、しっかり計画を立ててダイエットに挑戦することが大切です。

5  無理な運動をしてしまう

あなたは普段どれくらいの運動をしますか?

いつも運動する習慣のある人なら、ジョギングやトレーニングも、

心身ともにそんなに苦ではないでしょう。

Let's run!

でも、そういった人はおそらくダイエットの必要はない人なのではないでしょうか。

食事もそうですが、普段しない運動をすることは肉体的にとても負荷がかかり、

思っている以上に辛いものです。

いきなり張り切って体を動かしても、筋肉痛になってそのあとが続かなかったり、けがをしてしまう心配もあります。

まずはストレッチや軽めのウォーキングなどから始めて、体を慣らしていくことが大切です。

6 置き換えダイエットに頼りすぎる

とっても便利な置き換えダイエット。

市販されているものでも数えきれないくらいの種類があり、その内容も様々です。

全くダメとはもちろん言いませんが、頼りすぎてしまうのは良くないことです。

日頃から食べ過ぎている人は摂取カロリーをコントロールするために、

自分の生活スタイルに合わせて1食置き換えたりするのは良いかもしれません。

ただ、食事はオーバーしているカロリーを管理してあげるくらいでちょうどいいと私は思います。

人に必要な栄養素はたくさんありますので、バランスの良い食事を心がけるようにしましょう。

7 偏った食事になってしまい栄養不足

先にも言えることですが、人が生きていく上で必要な栄養素はとてもたくさんあります。

それが、過度な食事制限や、野菜だけ、豆腐だけ、

などと偏った食事をしてしまっては、その栄養素はとても摂取できません。

体を構成する栄養をしっかり摂り、体を動かし、筋肉をつけて基礎代謝を上げることで、

痩せやすい体を作ることができるんです。

体重を落とすことは簡単。

でも、本当にそれでいいんですか?

誰の体でもない自分の体ですから、しっかりケアしてあげてくださいね。

運動をしているのであればタンパク質は多めに、ある程度の糖質も必要ですよ。

8 筋肉が減って基礎代謝が落ちる

運動をしないでダイエットを行うと、人の体は脂肪よりも先に筋肉が落ちてしまうのが悲しいところ。

また、運動をしても、しっかり体に栄養を入れてあげないと、ちゃんと筋肉がつかないんです。

筋肉が落ちてしまうと基礎代謝も落ちてしまいます。

せっかくダイエットをしているのに、これでは悪循環ですよね。

食事の管理と運動はとても大切です。

栄養バランスの良い食事と適度な運動がダイエットにはとてもとても重要なんです。

9 ストレスが爆発して暴飲暴食

ダイエット中陥りがちなのが、あれも我慢、これも我慢。

それに対してあれもしなきゃ、これもしなきゃ…といった具合に、

ストレスを発散する場がなくため込んでしまい、それが爆発して暴飲暴食!

心当たりがある方も少なくないのではないでしょうか。

ダイエット中でも、全部を我慢する必要はありません。

きちんと管理してあげれば、甘いものも、脂っこいものも、食べてもいいんです。

ただ、食べ過ぎは禁物です。

運動を頑張ったら少し甘いものを食べるとか、1日の摂取カロリーや栄養素の範囲内に収まるのであれば

何か好きなものを食べてもいいとか、自分なりのルールを作ることも一つの手です。

我慢ばっかりのダイエットなんて、考えるだけで始める気になりませんよね。

ただ、自分を甘やかしすぎないように注意してください。

10 完璧主義

ダイエットには計画性が大切だと初めにお伝えしましたが、あまり神経質になる必要はありません。

あれもこれも毎日を完璧にこなそうと思ったらとっても大変です。

日本人はよく働きすぎだといいますが、ダイエットは仕事じゃありません。

できない日があったって、それはそれでいいんです。

友達や職場の付き合い、家族のだんらんもあるでしょう。

多少食べ過ぎても、そのあとに調整すればいいんです。

3日坊主でも、それを繰り返せば習慣になります。

 

何かひとつできなかったからと言って、嘆く必要はありません。

巻き返しはいくらでもできますよ。

リバウンドの原因を知って、次こそはダイエットを成功させよう

ダイエットの方法がたくさんあるように、リバウンドの原因もたくさんあります。

自分に合ったダイエットは自分にしかわかりません。

リバウンドの原因を考えたら、挙げきれないほどあるはずです。

自分はもちろん、色々な人の失敗体験から学ぶこともできますし、

「こうでなければならない」と決まったものもないはずです。

 

ダイエットをする時は自分に合ったダイエット方法は何なのか、

運動量や食事はどんなものか、自分の体と相談しながら試していってくださいね。